2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2014.02.07 (Fri)

* おうちのおはなし * B社


今日は2社目のおはなしです。



2、地元工務店 B社


地元工務店では実績ナンバー1のB社。
ネットで色々調べていて、会社の理念や雰囲気がとてもいいなぁと思って見学会に行きはじめました。

見学会へ行くと、社員が大勢で迎えてくれて、毎回必ず豚汁やミネストローネなどをご馳走してくれるサービスを行っていたり、子どもコーナーがあって、見学中は社員の方達が子どもと遊んでくれたのでゆっくり見学できたし、子どもも楽しそうでした。

毎回お客さんやここで建てたOBの方達もたくさん見学に来ていて、社員の方達とは気さくに話したりしていて、いつも賑やかで本当にアットホームな雰囲気。
とにかく社員の方達がいい人ばかり、そして社長も本当に素晴らしい人でした。

「建ててからが本当のおつきあい」とHPに書かれていたとおり、建ててからのアフターもばっちり、年に一度 OBの人達と交流会でBBQをしたりと、信頼のできる会社だと思いました。
それに、住宅クレーム一覧のページをあえて公開している点でも信頼がおけると思いました。

それから、私が、「例えば床は無垢のフローリング、壁は塗り壁で、キッチンのシンクはホーローで造作で・・・と言ったらできますか?」と質問したら、「できなくはないけど当社では苦手な分野です。そして、そういう家が得意な会社で作るよりも高くなってしまいます。そういう家が得意なのは○○社さんや○○社さんです。」と、できるふりをしないではっきりと言ってくれたこと、そして商売敵である他社の情報を言ってくれたところは、何より信頼できる会社だと思いました。

私の好きな家の話はまた後日おはなしするとして、B社の建物の1番の魅力は、基礎断熱工法なので床下を全面有効活用できるところ。
子どもがいるとどんどん増えていく荷物も、床下をまるまる活用できることで、建坪が少なくても大容量の収納スペースが確保できるし、しかも地下のように寒くなくてポカポカ。
掘りごたつにしたり、子ども達の遊びスペースなど、アイディア次第ではどのようにも使えます。
しかも低価格高品質で、子育て世代には本当に魅力的な家だと思います。
主人は この床下スペースにすっかり魅了されていました。

私は というと・・・会社も社員の方達も申し分なく、ここで建てたらきっと楽しい家づくりができるだろうなぁという思いでいっぱいだったのだけど・・・だけど、なんか違う。
「違う」というのは、建物に魅力を感じないというか、ときめかない。モヤモヤした感じ。

掃除が楽な機能的で使いやすいシステムキッチンや床や外壁の家。

HPの社長のコメントには、「家は毎日使う道具であることを忘れてデザイン重視で建ててしまって、いざ住んでみるとその使い勝手の悪さにその先の一生を考え憂鬱になってしまうようではいけない。建築したデザインが、自分が60歳、70歳になっても違和感なく暮らせるデザインかどうか検討しないようではいけない。」と書かれていたのですが、確かに言ってることはそのとおり。とても納得できるものなんだけど・・・。

でも・・・でも、歳をとった時のことを考えて家づくりをしなきゃいけないなら、今から全部バリアフリーにして、階段の上り下りが辛くなるだろうから平屋にして、いたるところに手すりをつけて、もしかしたら車いす生活になるかもしれないからトイレとお風呂は広めの間取りにして・・・
究極、いずれ子ども達は巣立っていくだろうから子ども部屋はなし。老夫婦二人なら、居間とあとひと部屋くらいの小さい家でいいんじゃない???なんて、極端にひねくれたことを言ってしまったけど、どうなるかわからない先のことを考えて『機能的で飽きのこないデザインの家』を建てるのは私にはなんかちょっとしっくりこない。
もちろん、まったく考えないわけではないけど、私は、子ども達と過ごしている「今」のことも大切にしたい。

掃除が楽で手間のかからない便利なものに囲まれて暮らすより、多少手間がかかって使いにくくても、自分の好きなものに囲まれて暮らしたい。。。



私は今まで色んな家に住んできました。
古くていくら掃除してもきれいにならない台所も、玄関開けたらすぐ脱衣所のないお風呂だった家も、カビだらけの家だって、雨漏りする家だって、隙間風ビュービューの家だって、その都度その都度手間をかけながら工夫して暮らしてきました。

その場所に合わせて掃除道具や洗剤を選んだり、時には子ども達と掃除道具片手にこすったり削ったり。
「もうこんな家やだ~」と思っても、大切な我が家を快適に暮らせるように工夫しながら生活してきました。

だからきっと、自分が気に入ったデザインで建てた家なら、多少使いづらくても工夫しながら暮らしていける。
愛着のある我が家なら、手間がかかってもきっと大切に暮らしていける。

便利さを選んで建てても、きっと100パーセント満足できる家なんて作るのは不可能。
よく「家は3件建てて満足いくものができる」といわれるけど、実際3件も建てられる人なんて限られた人だけ。

それなら1件目で、好きなデザインの気に入った家を作りたい・・・。
あとのことはあとのこと。「その都度状況に応じて対応していこう」くらいの、おおらかな気持ちで建てたい。
もちろん、そんなテキトーな考えで何千万もする家を建てちゃいけないんだろうけど・・・笑





B社を気に入っていた主人には申し訳なかったけど、私の気持ちを話すと理解してくれて、この会社は候補から外すことになりました。




スポンサーサイト
23:30  |   ・ 建築会社いろいろ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://cantabile727.blog41.fc2.com/tb.php/264-51560d63

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。